栃木県農地水多面的機能保全推進協議会 「水土里ネットとちぎ」
ホーム 多面的機能とは 協議会 活動組織 活動状況 様式・関係資料 生きもの調査 リンク

新聞掲載
 平成29年度
 平成28年度
 平成27年度
 

取組参考事例
 平成29年度
 平成28年度
 平成27年度
 平成26年度
 平成25年度
 平成24年度
 平成23年度
 平成22年度
 平成21年度
 平成20年度
 平成19年度
 平成18年度

平成28年度 新聞掲載

 2017年 3月24日 絶滅危惧種のオキナグサ 群生地、多数切られる(塩谷町)
 2017年 3月23日 絶滅危惧75増1021種 県レッドリスト6年ぶり改訂(栃木県)
 2017年 3月22日 絶滅危惧75種増加 県版レッドリスト初の1000種超(栃木県)
 2017年 2月25日 美しい景観 次代に 地域挙げ排水路泥上げ(蒲須坂農根の会)
 2017年 2月22日 水路の生き物保護(小山用水保全協議会)
 2017年 2月22日 西根ホタル保全地で幼虫放流(富屋西部ホタル愛護会)
 2017年 2月 8日 地域挙げて獣害対策 遊休農地防止へソバ作り(板荷畑いつくし美会)
 2017年 2月 3日 県元気な農業コンクール表彰式(栃木県)
 2017年 1月25日 生きものマップ・農村づくり写真コンテスト入賞作品決定 県総合文化センターにて来月6日表彰
 2017年 1月 6日 県元気な農業コンクール 入賞者発表(栃木県)
 2016年12月17日 17年度予算案 土地改良に4020億円 水田活用支払3150億(農水省)
 2016年12月10日 シモツケコウホネ被害 注意喚起の看板設置 見守り体制づくり課題(日光市)
 2016年11月26日 多面的機能支払制度 中間評価など議論
 2016年11月17日 校内ビオトープ地域協力で復活 生き物、植物観察に活用
 2016年11月17日 小山の水田 ナマズ養殖 農業用水で食用に
 2016年11月11日 田んぼアート米「十万馬力」で活 地域活性化めざし小山市
 2016年11月09日 農業用水使い発電 県が推進 電気も地産地消へ(飛山夢大地倶楽)
 2016年10月22日 ミヤコタナゴ2年連続減
 2016年10月20日 田んぼアート米 名は「十万馬力」
 2016年10月17日 ミヤコタナゴ生息 推定162匹 繁殖地再生へ継続調査
 2016年10月15日 コスモスと新米大好き 栃木県大田原市でまつり(ミヤコタナゴの里環境保全会)
 2016年10月13日 アトムの田んぼで「十万馬力」収穫(美田東部・思川西部・絹土地改良区)
 2016年10月 9日 ヒガンバナ美しく(大久保まちづくり推進委員会)
 2016年10月 7日 メダカ保護20年1冊に 環境存続に決意新た(メダカ里親の会)
 2016年 9月30日 コスモス見頃 2日にまつり(ミヤコタナゴの里環境保全会)
 2016年 9月29日 アスパラ収穫通じ交流 楽しく食理解 地元の子に農体験の場(申内環境保全会)
 2016年 9月27日 コンゴ臨時大使 汗流す 田んぼアート稲刈り(美田東部・思川西部・絹土地改良区)
 2016年 9月27日 県民参加で水路整備 ホタルやヤマメ生息 豊かな環境継承(中粕尾水と緑の会)
 2016年 9月23日 小水力発電農作業に EVに蓄電、停電時も活用
 2016年 9月15日 出会えるのは県内のみ
 2016年 9月 9日 田んぼダムで浸水対策 保水力生かし導入目指す(大美間土地改良区)
 2016年 9月 8日 小学生招いて生き物調査(桑家会・遊泉の会)
 2016年 8月31日 水田や水路で生き物の観察会(下田原南部地域資源保全隊)
 2016年 8月30日 水の中の生き物学ぶ(見野・富岡・下遠部環境整備協議会)
 2016年 8月29日 農業国際会議 生き物育む営農を「おやま宣言」採択し閉会(小山市)
 2016年 8月28日 小山農業国際会議 生き物調査で日韓交流 「なつみずたんぼ」興味津々(小山市)
 2016年 8月27日 環境保全農業の事例報告 小山で国際会議開幕(小山市)
 2016年 8月27日 農政局が意見交換会 多面的機能支払活用へ女性の力生かして(関東農政局)
 2016年 8月27日 17年度農林概算要求案了承 土地改良2割増(農水省)
 2016年 8月26日 小山の農業国際会議 「環境創造型」方向性示せ(小山市)
 2016年 8月26日 総額2.6兆円で調整 土地改良、水田活用厚く(農水省)
 2016年 8月25日 新たな土地改良計画 水田汎用化16万ヘクタール・米生産コスト減大区画化8万ヘクタール(農水省)
 2016年 8月25日 土地改良“復活”へ年末再び攻防(農水省)
 2016年 8月22日 多面的機能支払いメルマガで発信 活動の理解促進へ(農水省)
 2016年 8月21日 ヒマワリ満開(たぬきの郷を守り隊)
 2016年 8月21日 200万本お出迎え 28日までひまわり祭り(益子町)
 2016年 8月20日 泥まみれアタック
 2016年 8月19日 泥へ向かって全力ダイブ!栃木どろんこバレー
 2016年 8月14日 多面的機能支払い活用 農地遊休化歯止め
 2016年 8月12日 どんな生き物いるのかな 葛生牧地区で生きもの調査(上牧の環境を守る会)
 2016年 8月10日 田の生き物発見 宇都宮市の児童ら調査(富屋西部ホタル愛護会)
 2016年 8月 6日 川の生き物いっぱい発見(申内環境保全会・富屋西部ホタル愛護会)
 2016年 7月29日 小山市内3会場で田んぼアート見学会(美田東部・思川西部・絹土地改良区)
 2016年 7月28日 田んぼ周辺 生物を調査 自然環境保全など学ぶ(下猪倉くらかけ会)
 2016年 7月27日 田んぼ、川で生物調査 地域の自然環境探る(姿川環境保全会)
 2016年 7月27日 ましこ花のまちづくり まちを彩る花々の競演!
 2016年 7月21日 手塚治虫ワールド満喫(美田東部・思川西部・絹土地改良区)
 2016年 7月20日 遊休農地13.5万ヘクタール 「未利用」課税強化へ(農水省)
 2016年 7月20日 多面的支払に特例 災害復旧で活用可能に(農水省)
 2016年 7月13日 アトム、ブラックジャック、レオ 実る田んぼアート(美田東部・思川西部・絹土地改良区)
 2016年 7月11日 ふゆみずたんぼ除草 オーナー51人が参加
 2016年 7月 9日 馬頭小 高校生と校外学習 水生生物、水質を調査(久那瀬農地水環境保全会)
 2016年 7月 8日 シモツケコウホネを観察(シモツケコウホネと里を守る会)
 2016年 7月 5日 草刈り機械の適材適所(こもりやグリーン倶楽部)
 2016年 7月 5日 田んぼを昔の環境に 児童、水路に植栽・フナ放流(蒲須坂農根の会)
 2016年 6月28日 シモツケコウホネ見頃 開花数2倍に(シモツケコウホネと里を守る会)
 2016年 6月18日 児童と田植え(あらい水と緑の会)
 2016年 6月17日 アジサイ1500株 楽しんで(仁良川の里保全会)
 2016年 6月15日 児童ら120人ベゴニア植栽 見野の県道沿いに1700株(見野・富岡・下遠部環境整備協議会)
 2016年 6月10日 ホタル鑑賞会 那須烏山各地で(興野ほたるの里づくり環境保全会)
 2016年 6月 8日 ホタル観察会イベント多彩(興野ほたるの里づくり環境保全会)
 2016年 6月 7日 トウサワトラノオ守れ(東根自治会)
 2016年 6月 7日 古代米田植えなどに汗(メダカ里親の会)
 2016年 6月 3日 上稲葉の遊休農地をひまわり畑に 園児が種まき(上稲葉・自然を守る会)
 2016年 6月 1日 子どもたちが蜂蜜搾り体験(下芳井ほたるの会)
 2016年 5月31日 田んぼアート 消費者が手植え(思川西部土地改良区)
 2016年 5月29日 シモツケコウホネ かつて県内15カ所に分布
 2016年 5月26日 田んぼアート 描くぞアトム(美田東部・思川西部・絹 土地改良区)
 2016年 5月24日 ひまわり作付け(上稲葉・自然を守る会)
 2016年 5月23日 田んぼアートで国際交流(美田東部・思川西部・絹土地改良区)
 2016年 5月23日 秋が楽しみ田んぼアート アフリカと交流(美田東部・思川西部・絹土地改良区)
 2016年 4月19日 ホンモロコ無事に育て 小山の養殖池卵100万個放流(小山市下生井地区)
 2016年 4月10日 小山の「田んぼアート」 手塚アニメを描こう(美田東部・思川西部・絹土地改良区)
 2016年 4月 5日 シモツケコウホネ3割増し 水環境が改善、生育良好(日光市小代地区)
 2016年 4月 2日 田んぼアートにアトム 小山市収穫米を加工・販売へ(美田東部・思川西部・絹土地改良区)